縫製工場サラ[小ロット対応・高品質] 会社概要
 
縫製工場サラ

【縫製工場サラ・対応可能業務】

レディース型紙,レディース縫製,メンズ型紙,メンズ縫製,生地・副資材手配,プリント,刺繍,アパレルOEM,アパレルODM,小ロット対応,戦略コンサル

縫製工場SARAトップページ アパレルコンサルティング 株式会社SARA工場案内 婦人服等のOEM生産 ホームページ制作 縫製の実績紹介 よくある質問
 

会社概要

会社名 株式会社サラ(英文社名:SARA CO.,LTD.)
代表取締役社長 迫田 英敏
設立 2003年7月23日
所在地 〒811-1213
福岡県筑紫郡那珂川町中原四丁目14番地SARAビル(JR博多南駅より徒歩2分の駅前大通り沿い)
取引銀行 西日本シティ銀行 吉塚支店 / 福岡銀行 比恵支店
TEL 業務作業を円滑に行う為、新規のお客様への電話対応は行っておりません。
※お問い合わせはサイト右上の【お問い合わせはこちら】から受付けております。
FAX / E-mail FAX092-408-1786 / info@sara-fukuoka.co.jp
事業内容 【OEM / ODM事業】
アパレルに特化した相手先ブランド企画・製造

【プライベートブランド事業】
・紫外線対策ウェア国内トップブランドSARAの運営
・NASA宇宙服の為に開発されたハイテク素材を使用したウェアブランドDella Rocciaの運営

【WEB事業】
アパレルに特化したECサイト制作 / システム開発 / SEO対策 / WEB販促プロモーション

【戦略コンサルティング事業】
アパレルに特化した「収益モデル構築」支援
所属団体 ・福岡アジアファッション拠点推進会議
・女性の大活躍推進福岡県会議(企業会員NO.39)
承認歴 福岡県知事認証 経営革新計画承認企業 第2933号
産学連携 久留米大学医学部との共同特許出願 特願2012-8020
主要卸先

【カタログ通信販売】
家庭画報ショッピングサロン
ロイヤルステージ
高島屋クロスメディア事業部
大丸・松坂屋通信販売(JFRオンライン)
I・E・I(インペリアル・エンタープライズ)
トランスコスモス
小学館
JR東日本商事
JTB
SAQWA(イオンリンク)
VISA(エスシー・カードビジネス)
女性セブン

【百貨店実店舗】
博多大丸

【テレビショッピング】
ABC朝日放送
TBS(グランマルシェ)
読売テレビ(センテンス)
ジュピターショップチャンネル
RKB毎日放送「今日感百貨店」

会社理念

人々の幸せをサラに上へ
激動する21世紀を迎え、時代はますますスピードを上げながら変化し続けています。そういった背景の中、当社は常に「人々の幸せ」を向上させる事を最上のコンセプトとし、柔軟で戦略的なファッション企業体を完成させていきます。

代表者紹介

□迫田 英敏(Hidetoshi Sakota)□
1972年10月2日生まれ45歳  
コネや人脈も無い中で2003年に㈱サラをたった一人で創業し、現在では縫製業界トップクラスの利益率を誇る会社に成長させ、2016年新社屋ビルに栄転。

座右の銘:「絶対は絶対にない」 / 「形がないほうが強い」 / 「すべての事象は必然である」
尊敬する人:斎藤一人
戦略思考モデル人:神田昌典
経営戦略モデル:ランチェスター経営
戦略理論モデル:ブルーオーシャン理論
よく利用する店舗:DIESEL / GAS / セレクト系
趣味:成功企業検証 / 倒産企業検証 / 成功法則実践

徹底したユーザー視点と固定概念に縛られない発想で、様々なクライアントのOEM生産及びアパレルブランド立上げプロデュースを手がける傍ら、リアルな経営戦略やビジネスモデル構築においても数多く支援している。
自社プライベートブランド「紫外線対策ウェアブランドSARA」では、百貨店売上新記録(当時)やテレビショッピング売上新記録(当時)を達成するなど紫外線対策関連商品としては国内トップクラスの人気ブランドに成長させ、数々のメディアに取り上げられてきた。

□代表からのメッセージ□
現代は「良い商品」イコール「売れる商品」ではありません。
逆に言えば、「売れる売り方」さえ知っていれば、ほとんどの商品は「売れる商品」になる可能性があります。
つまり、現代のアパレルビジネスでは「プロダクト」そのものよりも「戦略」こそが重要なのです。
リアル現場での豊富な経験や、自社プライベートブランド運営で得た「独自戦略ノウハウ」を駆使し、一人でも多くのクライアントを成功に導けるように進んでいきます。

トップページホームページ制作コンサルティングOEM生産クライアントの喜びの声よくある質問お問合せ